<英語の勉強> <行政書士試験の勉強> <宅建試験の勉強> <FPの勉強> <日商簿記の勉強>


1、土木・建設・大工の仕事・求人募集情報
ここをチェックしなければ、転職で失敗します。土木・建設・大工の仕事・求人募集情報の探し方のコツや、利用するべき、転職情報サイトを紹介しています。
2、建設・建築関係の資格試験の通信講座
建築士や施工管理技士などの建築資格を取得したいけど、普段時間がなくて勉強できない方は、好きな時間に勉強できる通信講座がおススメです。
3、建設・建築関係の資格試験の専門学校・講座
資格の勉強をするならば、学校に通学しなければ、勉強できないという方のために、おススメの講座、学校を紹介します。
 → 1級建築士・2級建築士・木造建築士資格の専門学校・講座
 → インテリアコーディネーター資格の専門学校・講座
 → CADデザイナー・オペレーター資格の専門学校・講座

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

宅地建物取引主任者の通信講座・学校の比較
宅地建物取引主任者資格試験の合格率は、おおむね合格率は毎年15%前後で推移しており、合格率に対応した得点が合格基準点に設定され、合格基準点は例年ほぼ30〜35点の間で変動しているので、合格するためには35点を目安に全体の7割以上の得点が要求されるます。受験する以上ほとんどの人は、試験に合格したいと必死になって勉強しています。独学で合格した方も模試くらいは受けている場合がほとんどで、まったく予備校と接触がないまま、合格した方はほんの一握りでしょう。どの予備校が優れているのか、受験生の生の声を下にまとめてみました。

大人気の講座をピックアップ

LEC東京リーガルマインドは、最大手の学校
LEC東京リーガルマインド は、法律系国家資格試験の最大手の学校です。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験、社会保険労務士試験、公務員試験などの法律関係の資格はもちろんのこと、不動産関係についても、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、マンション管理士、管理業務主任者、土地家屋調査士などの講座が開講されています。文系の国家資格で開講していない講座はないといっても過言ではありません。
資格試験の勉強は、長期間にわたることも多いものです。ですから、学校を選ぶ際には、途中で講座が打ち切りになったりしないように、安心して利用できる学校を選びたいものです。 その点、LEC東京リーガルマインドは、法律系資格の最大手の学校ですから、安心して利用することができます。

低価格で高品質の講座を提供しているフォーサイト
フォーサイトは、格安な価格で通信講座を提供している学校です。
一般的に安いと、講座もテキストの質も悪くなりがちなものですが、フォーサイトの場合は、安い価格でありながら、質の高い講座を提供していることで知られています。
講座を担当する講師も熟慮に熟慮を重ねて選んでいて、受講生に、アンケートまでとって、どの講師が最もよいか決定しているほどで、講座の質を維持ずることに力を注いでいることがうかがえます。
フォーサイトの通信講座で、利用しているテキストは、市販のテキストよりもやさしめに作られていて、初心者でも理解しやすくなっています。 また、ひとりで読んでいても読みやすいように、カラーで作られていて、重要なところがどこなのかが一目瞭然です。 初心者が独学で勉強すると、重要な箇所を見逃してしまいがちですが、そうならないように、工夫しているのも、、フォーサイトのテキストのよい点です。

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
特定電気工事資格者
JUGEMテーマ:アート・デザイン

特定電気工事資格者とは

住宅、工場、ビル等の電気設備について、工事段階で不完全な施工をすると感電、火災等の思わぬ事故が発生する危険性があります。 経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害を防止することを目的として、自家用電気工作物のうち特種な分野である特種電気工事について資格を定め、認定しています。
 この資格が必要な工事は、自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)のうち、ネオン工事及び非常用予備発電装置工事であり、特種電気工事資格者認定証の交付はその工事の種類ごとに行われます。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


特定電気工事資格者 資格試験の受験資格

本資格は国家試験による取得制度はありません。以下の特種電気工事の種類に応じた要件に該当する方に交付されます。

<認定の基準>

(1)ネオン工事
 ・電気工事士免状交付後、一般用及び自家用電気工作物に係る工事のうちネオン用として設置される分電盤、主開閉器、タイムスイッチ、点滅器、ネオン変圧器、ネオン管及びこれらの附帯設備の設置又は変更する工事に関し5年以上の実務経験があり、かつ、経済産業大臣が定めるネオン工事に関する講習の課程を修了した者
 ・ 電気工事士免状交付後、経済産業大臣が定めるネオン工事に必要な知識及び技能を有するかどうかを判定する試験に合格した者

(2)非常用予備発電装置工事
 ・電気工事士免状交付後、電気工作物に係る工事のうち非常用予備発電装置として設置される原動機、発電機、配電盤及びこれらの附属設備を設置又は変更する工事に関し5年以上の実務経験があり、かつ、経済産業大臣が定める非常用予備発電装置工事に関する講習の課程を修了した者
 ・ 経済産業大臣が定める受験資格を有する者であって、経済産業大臣が定める非常用予備発電装置工事に関する講習(前記の講習を除く。)の課程を修了し、かつ、経済産業大臣が定める非常用予備発電装置工事に必要な知識及び技能を有するかどうかを判定する試験に合格した者

(3)受付:最寄りの産業保安監督部電力安全課


特定電気工事資格者 資格試験の試験内容

本資格は国家試験による取得制度はありません。特種電気工事の種類に応じた要件に該当する方に交付されます。


特定電気工事資格者 資格試験の試験日程

詳しくは、経済産業省のサイトをご覧ください。


特定電気工事資格者 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、経済産業省のサイトをご覧ください。

宅地建物取引主任者の通信講座・学校の比較
宅地建物取引主任者資格試験の合格率は、おおむね合格率は毎年15%前後で推移しており、合格率に対応した得点が合格基準点に設定され、合格基準点は例年ほぼ30〜35点の間で変動しているので、合格するためには35点を目安に全体の7割以上の得点が要求されるます。受験する以上ほとんどの人は、試験に合格したいと必死になって勉強しています。独学で合格した方も模試くらいは受けている場合がほとんどで、まったく予備校と接触がないまま、合格した方はほんの一握りでしょう。どの予備校が優れているのか、受験生の生の声を下にまとめてみました。

大人気の講座をピックアップ

LEC東京リーガルマインドは、最大手の学校
LEC東京リーガルマインド は、法律系国家資格試験の最大手の学校です。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験、社会保険労務士試験、公務員試験などの法律関係の資格はもちろんのこと、不動産関係についても、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、マンション管理士、管理業務主任者、土地家屋調査士などの講座が開講されています。文系の国家資格で開講していない講座はないといっても過言ではありません。
資格試験の勉強は、長期間にわたることも多いものです。ですから、学校を選ぶ際には、途中で講座が打ち切りになったりしないように、安心して利用できる学校を選びたいものです。 その点、LEC東京リーガルマインドは、法律系資格の最大手の学校ですから、安心して利用することができます。

低価格で高品質の講座を提供しているフォーサイト
フォーサイトは、格安な価格で通信講座を提供している学校です。
一般的に安いと、講座もテキストの質も悪くなりがちなものですが、フォーサイトの場合は、安い価格でありながら、質の高い講座を提供していることで知られています。
講座を担当する講師も熟慮に熟慮を重ねて選んでいて、受講生に、アンケートまでとって、どの講師が最もよいか決定しているほどで、講座の質を維持ずることに力を注いでいることがうかがえます。
フォーサイトの通信講座で、利用しているテキストは、市販のテキストよりもやさしめに作られていて、初心者でも理解しやすくなっています。 また、ひとりで読んでいても読みやすいように、カラーで作られていて、重要なところがどこなのかが一目瞭然です。 初心者が独学で勉強すると、重要な箇所を見逃してしまいがちですが、そうならないように、工夫しているのも、、フォーサイトのテキストのよい点です。

| 建築資格と就職転職求人情報 | 16:47 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト

宅地建物取引主任者の通信講座・学校の比較
宅地建物取引主任者資格試験の合格率は、おおむね合格率は毎年15%前後で推移しており、合格率に対応した得点が合格基準点に設定され、合格基準点は例年ほぼ30〜35点の間で変動しているので、合格するためには35点を目安に全体の7割以上の得点が要求されるます。受験する以上ほとんどの人は、試験に合格したいと必死になって勉強しています。独学で合格した方も模試くらいは受けている場合がほとんどで、まったく予備校と接触がないまま、合格した方はほんの一握りでしょう。どの予備校が優れているのか、受験生の生の声を下にまとめてみました。

大人気の講座をピックアップ

LEC東京リーガルマインドは、最大手の学校
LEC東京リーガルマインド は、法律系国家資格試験の最大手の学校です。
司法試験、司法書士試験、行政書士試験、社会保険労務士試験、公務員試験などの法律関係の資格はもちろんのこと、不動産関係についても、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、マンション管理士、管理業務主任者、土地家屋調査士などの講座が開講されています。文系の国家資格で開講していない講座はないといっても過言ではありません。
資格試験の勉強は、長期間にわたることも多いものです。ですから、学校を選ぶ際には、途中で講座が打ち切りになったりしないように、安心して利用できる学校を選びたいものです。 その点、LEC東京リーガルマインドは、法律系資格の最大手の学校ですから、安心して利用することができます。

低価格で高品質の講座を提供しているフォーサイト
フォーサイトは、格安な価格で通信講座を提供している学校です。
一般的に安いと、講座もテキストの質も悪くなりがちなものですが、フォーサイトの場合は、安い価格でありながら、質の高い講座を提供していることで知られています。
講座を担当する講師も熟慮に熟慮を重ねて選んでいて、受講生に、アンケートまでとって、どの講師が最もよいか決定しているほどで、講座の質を維持ずることに力を注いでいることがうかがえます。
フォーサイトの通信講座で、利用しているテキストは、市販のテキストよりもやさしめに作られていて、初心者でも理解しやすくなっています。 また、ひとりで読んでいても読みやすいように、カラーで作られていて、重要なところがどこなのかが一目瞭然です。 初心者が独学で勉強すると、重要な箇所を見逃してしまいがちですが、そうならないように、工夫しているのも、、フォーサイトのテキストのよい点です。

| スポンサードリンク | 16:47 | - | - | pookmark |

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode